ヒルズ学習塾

北海道函館市で2つの塾を運営するヒルズ学習塾のブログです 0138-85-6266

 学校も塾も、多くの先生方は子ども思いで、とても熱心です。ですが、逆に学習内容を「しっかり教えよう」としすぎているのではないかと自分自身にも疑うことがあります。
 たくさん話をして隅々まで教えることは、教える側にとっては、仕事をした気持ちになり満足度が高いものです。しかし、逆にそのことが子どもたちの消化不良を引き起こす原因になっているのではないかか?と思うことがあります。
 たとえば、木彫りの熊を彫るときに、何を作っているのかもわからずに、いきなり熊のつま先の詳細からつくりこんでいくでしょうか?
 最初はやはりおおまかに「熊に見えるカタチ」をつくり、そこから徐々に細部をつくりあげていくはずです。
 各教科とも単元のコアともいえる根幹の部分は、学力に関係なく多くの子ども達が理解できるはずだと思っています。そこを「その子に応じた」アプローチで意欲を損なわないように配慮しながらくりかえすことで、自ずと前進し始めると思うのです。

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット