ヒルズ学習塾

北海道函館市で2つの塾を運営するヒルズ学習塾のブログです 0138-85-6266

大手進学塾が派手に宣伝している「進学校」に進む生徒数。
普通の公立中学校には一体どのぐらいいるんでしょう?

標準的な公立中学校では1クラス35人中多くて3〜4人程度ではないかと思います。
てことは10%以下、ってことになりますよね。
うちの塾にも大手塾から来た子たちがいますが
その子たちが持って来た大手塾の問題集をみると
入試テストの傾向を分析し、多様な問題に対応するための
素晴らしい教材でまあ良くできてます。

しかし、その一方で


こなすのは大変だろうなあ。。。

と思ったりします。

私たちのような普通の人間は、その単元ごとの
超基本的な事でさえ、なんども繰り返さなければわからないですし
時が経てば忘れるのが普通ですよね。

そういう前提で、子供たちと一緒に勉強していくと
時折びっくりするような伸びを見せてくれる生徒たちがたくさんいます。

いわゆる学力の高い「進学中学校」に通って、伸び悩んでいる子にとっても
同じようにブレイクスルーする子供が出てくることは
面白いことですね。


 

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット